家族葬とはどのようなお葬式なのか

家族葬とはどのようなお葬式なのか

家族葬は、昭和の時代とは違い色々なお葬式の形を選べるようになった現代だからこそ選ばれるようになった最新のお葬式の形です。以前まででしたらお葬式といったら形式ばった物が多かったのですが、最近では自由な形が取られるようになってきました。その中でも家族葬の人気は高く、多くのお葬式でこのタイプが選ばれています。

そもそも家族葬とはどのようなお葬式なのかというと、ご家族と故人に特別親しい友人のみで行う小規模なお葬式になります。そのため一般的なお葬式で参列する会社関係の方であったり、ご近所の方などは出席しません。ご家族の規模にもよりますが、基本的には多くても20人程度で行われるお葬式になります。このような小規模のお葬式は、昭和の時代にも行われておりましたが、以前はスタンダードなお葬式と比べて貧相なイメージがあった為に嘲笑の対象になっていた事もありましたが、近年では、小規模ではありますが、しっかりと作り込まれたお葬式になっていますので、貧相なイメージというよりは、故人の方の思いや人柄に寄り添うような素敵なお葬式になっています。

以前までのお葬式で十分でしたら、わざわざ新しい形式のお葬式にする必要はありません。家族葬が選ばれているのは、これまでの一般的なお葬式にはないメリットが大きいからです。ただし、家族葬を行う際に注意しなければいけないのが、この形式のお葬式特有のデメリットも存在するという事です。このデメリットをしっかりと理解しておかないと、お葬式で大きなトラブルに発展してしまう可能性があります。家族葬のメリットとデメリットの双方をしっかりと確認し、メリットの方が大きい、デメリットもしっかりと対応すれば問題ないという確信が持てていない状態で家族葬を進めるのはとてもリスクが大きいという事なのです。

家族葬を考えている場合は、一般的なお葬式との相違点であったり、周りの方の視線や考え方、地域の趣向などによっても判断を変える必要があります。故人はもちろん参加した方や遺族の方にとっても素敵なお葬式が出来るようにする事が重要になります。そこでこちらでは、家族葬を依頼する前に知っておくべきポイントなどの情報をご紹介します。特にこれからお葬式を依頼されるというタイミングの前に必ず目を通して頂きたい家族葬のメリットやデメリットについても詳しくご紹介しておりますので、これから家族葬をお考えの方は、ぜひチェックしてみてください。

INFORMATION

2018年07月09日
ホームページを更新しました